ロリータで腐女子な気分屋、
まどかのスローなブログ。
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
のりめたんげれ。

ごきげんよう。
神学校フルコンプし、神学番長もプレイ済みのまどかです。

いやぁ〜、楽しかったっ。
その一言に尽きます。

今更…な気がしますが、ネタバレ含み、色々思った事を折り畳みました。
お暇な方、ネタバレ気にしない方、BL大丈夫な方…は、どうぞ。

(注)やたら、長いです。

エロは少なめですが、全体的に雰囲気が良かったです。
“神学校”と言う、ある意味特殊な空間だからこそ、醸し出す独特の世界。
グロホラーとかは、特に感じていません。
…あれ!? 私が鈍いだけ!?
そんなに、グロ無くて、エロ無い分丁度良い。
演出的な部分で、最初は驚かされましたが、慣れてしまえばこんなモノ。
さして気にならなくなり、「あぁ、また来るよ」みたいな。
ま、そんな私が一番恐怖に感じたものがありまして…。
大した事は無いのです。
寮のお部屋に飾ってある、主が貼り付けになっている十字架。
それが、逆さまになってしまうところ。
あと、その十字架の上部、裏から指で押され、逆さまになる…。
壁から指がにょきっと出て来る辺りは、恐怖を感じました。
何と言うか…、こういう作品プレイしておいてなんですが、逆さ十字は、やっぱりねぇ…。
気分的に、何だか嫌。

最近のBLって、背徳感とかに欠けるものが多くて。
もっと、人目を憚るとか、そう言うのが無いよね。
私は、そう言う雰囲気が、BLでは好きなのに…。
なので、この環境、時代からして、持って来いよね。
この背徳感。
それが、何よりも私に萌えを運んで来ます(笑)
しかも、美人揃い…。
(校長除く)
更に、主人公の名は天使。
薄い色の髪をして。
悪魔に尻を追い掛けられるし。
(表現おかしい)
…色素の薄い色の髪の子が、かなり好みです。
そして、同じ顔が登場すると言う…。
(某眼鏡を思い出します(笑))
とにかく、それに弱いのだろうな。私。
あと、上級生がブルーのタイで、マイケル達がレッドのタイ。
そして、全体的に白い制服、濃い色の縁取りで締まっている所。
そこも、ポイントだよね。
白い制服の、穢れのないイメージ。
ブルーのタイが、落ち着いた雰囲気が醸し出ていて。
それに対し、レッドって普通、いかにも学生。
その色合いも、重要だと思います。

あとは、とにかくニールが格好良かった。
(それについては、もう少し後で…)
そして、ラザラス神父を尊敬します。
ラザラス神父のような先生がいて、小さい頃から主の教えを刷り込まれていれば、もっと素直に成長出来た気がします。
本当に、素敵です。ラザラス神父。
『信じない者ではなく、信じる者になりなさい』、とても良いお言葉です。
私自身、忘れようとしているくせに、それでも忘れてはいけないと思っている言葉を、そのままマイケルに向かってラザラス神父が仰っていたので、とても心に響きました。
大嫌いな事ですが、そうなりたいと願う自分がいて、耳が痛い…。
これ以外にも、沢山の教えを戴きました。
切支丹ではないのですが、聖書を真剣に読みたいと、心から思います。
が、いつ読めることやら…(苦笑)
…実は高校の時、旧約聖書から…と思って読み始めたものの、かなり最初の部分で挫けた経験がありまして。
ノアの箱舟の件は読みましたよ。
(全然自慢になっちゃいない)
とにかく、文章が回りくどくて、すんなりと頭に入れながら読む事が出来無いので、疲れたと言う記憶。
一文読むだけでも、何だか大変。
言葉を噛み砕いて、飲み干すまでに時間が掛かる。

聖ヨハネ神学校に、私も通いたい…と密かに思いました。
ま、あんな事件後では、誰も子供を入れたいと思わないでしょうが。
…あぁ、校長が嫌だし(笑)
でも最後は、ラザラス校長になるので、大丈夫です。
(私にとっては)
セディちゃん校長、キャラ的には嫌いじゃないのですが、ビジュアル的に私は駄目です。
私の辞書に、“醜い”は無いから。
ビジュアルが駄目な時点で、ねぇ…。
あとね、セディちゃんと言えば、アベル。
個人的に、“アベル・ステイプルトン”と言う、発音した時の音の響きが好きです。
が、この子も…ねぇ。
もっとこの子の親の事とか、背景が解ったら、多分好きになれるキャラです。
誰か、アベルの補完を…。
今のままでは、心象悪いので、ただの可愛くない子にしか、私の中ではなれません。


ゲームを進めていて、最初に辿り着いたのが『ミカエルの堕天』。
魔獣陵辱エンドです。
この時、最後の最後でやっと、そういうシーンかよ…と、軽くがっかりした気がします。
でも、がっつりスチルを見て、声を聴いていました(笑)
ストーリーが確りしていたのに、中途半端に終わってしまうわ、エロはコレだけ…みたいな。
ま、その後は『蓑虫』続き(笑)
(すみません。ジャックに興味が無かったです…)
で、途中、何故だか『悪魔の予言』のレオに。
その辺りから、レオ狙いを止めました。
最初、レオ⇒ニール⇒セシルでプレイする予定でした。
が、レオの『悪魔の予言』を見た辺りから、いい加減ハッピーに行きたい、と。
ってか、天然レオはもう飽きた。
それで向かったのが、何故かセシル。
私の趣向で、同級生はあまり萌えない…ので、上級生狙いでしたが、ま、そんな事気にせずに、とにかくエンドを、と狙い変更。
セシルって、マイケルのストーカーみたいに感じました。(失礼)
でも、ああいう境遇だから、あんな風に思えるのかなって。
そうか、ナチの時代か…と、第二次世界大戦辺りの歴史を、必死に思い出していました。
ナチに関する変に偏った知識が大半だし、記憶は断片的過ぎて、英国は世界はどんな風だったのか、ちっとも思い出せませんでしたが(苦笑)
色々な人が、いたのでしょうね。
ユダヤ系…だから、セシルは黒髪なのね。
そして、敬虔な信者よね。
(私のその辺りのイメージは、本当に合っているのだろうか…。不安になります)
それにしても、校長。
…校長が手を出すから、マイケルと密着した時にセシル、その気になったのか。
ある意味、校長の手柄!?
でも、掃除道具入れの中は、ちょっとどうかと…。
美しく無さ過ぎ。
色々なそういう場面で「主よ――」とマイケルが許しを乞いますが、「もう神は捨てたんだ」と後で思ったりする辺りが、マイケルの可愛いところです。
擦り込みって、絶大ね。
そうそう、2人、手繋いじゃったり、顔赤くしちゃったり、何かと可愛らしい同級生2人でした。
ただ、ロブとジョッシュは…。
(そう言えば、C○○l−BのドラマCD、彼らでしたね。面白かった。
 またこんな企画、お願いします)
ジョッシュが、「僕はもう、疲れていたんだ」なんて言うから、聴いていて辛かったです。
うんうん、そうだよね…とも思えますが、でもそこを踏ん張ってこそ、なんて他人事だから思っちゃいます。
それにしても、受攻をコイントスで決めるなんて…。
それに、ちゃんと練習して来るマイケル。
やり方とかも、図書館で調べて来たらしいし…。
(限度はあったみたいだけど(笑))
微笑ましいです。
終わり頃は、終始笑っていました。
でも『道行き』エンドも、捨て難い。
タイを結んで、湖に沈んでいくなんて、理想的。
タイの色が、赤いからまた、そこが良い。
非常に、そのシュチュエーション、萌えます。

次、レオ。
天然っぷりは、そんなに驚かないです。
驚きを通り越して、呆れています。
マイケルの苦労が、手に取るように解ります。
あんなのが、総監督生だなんて…。
信じられません。
そりゃ、飛び級して世話しに行きたくなるよ。
ま、私はご免被りたいですが。
でも、ビジュアル的には一番好みなので、ロザリオの辺りとか、とても様になります。
美しいです。
あと、個人的に『不思議の国の監督生』が良かった。
レオとニール、可愛くて。
あぁでも、『ファグ的な恋人』エンドで、長かった髪が短くなっているのは、ちょっと嫌だなぁ…。
長髪が好きな訳ではないのですが、私の趣味として、あまり短い髪は好きじゃない。
耳が出るのとかも、嫌です。
(話が逸れています)
「紅茶。紅茶…。――蜂蜜。蜂蜜」は、一番笑いました。
セシルとはまた違う意味で、ずっと大爆笑。
お腹が痛かった。

最後に、ニール。
滅茶苦茶、やられました。
彼、26!? 本当に!?
私とそう変わらないのに、あの大人っぷりは、何。
包容力あり過ぎ。
超、格好良かった。
とにかく、男前です。素敵です。
不良…と言う辺りで、ちょっと勘弁と思っていたのが、嘘のよう。
私の見る中にはいないタイプで、居抜かれた感じです。
最初は、ただの軽い軟派の不良かと。
それが…、あんな格好良い牧師とは。
茶目っ気もあって、言い回しが面白くて、最高。
最後、この作品で初めて、泣いていました。
何故だか涙が溢れてくる。
マイケルの事を思って、身を引いている所が、男前っ。
2通目の手紙に、やられました。
最後、『教会にて』エンド、本当最高。
花冠を頭に載せたニール、本当に良い男は何をしても格好良い。
「バレなきゃいいんだ、バレなきゃ」って、ローウェル家の家訓だったのが、レヴィ家の家訓にもなるくらいだし。
本当に、味わいのある、男前でした。
あ、今度リコリスキャンディを仕入れて、食べてみようと思います。
…凄い味らしいけど(苦笑)
そうそう。
予約特典CDは、ニール篇でヴァレンタインのお話でした。
それが、また良い。
面白いし、マイケルが可愛いし。
是非、聴いてもらいたいです。
ニール攻略後に。
私は、ニールの教区の住人になりたいです。
ニールに、洗礼してもらいたいです。
切支丹に改教します。
…マイケルも遊びに来るだろうしね。
(下心満載だなぁ(苦笑)
 でも、ニールに洗礼してもらえるのなら、切支丹に改教はかなり本気)

この辺りから、ずっと存在が怪しいと思えて仕方が無い、ガビィ。
ガビィ、可愛いので最初から好きだったのに、何でこの子は段々ルートに入ると出て来ないの…と。
色々と、疑問点が湧いていました。
エイハブおじさんの家のお部屋は、何故ベッドが1台しかないのか。
何故、セシル以外はガビィの事を呼ばないのか。
更には、オーガストルート終わり頃、不自然に現れるガビィに、2人の会話の様子を訝しげに見ているニール…。
オーガストルートは、「ガビィ、ご免ね」と言いながら進めましたよ。
ただ、最後のガビィルートに向かって。
オーガストって、どんな時でも冷たいから、ある意味それが怖かった。
小さなマイケルが、とても可愛かった。
さすが、東城さん…。
それにしても、反省室内のオーガストは、凄かったですね。
マイケルが居た堪れなくて…。
ミニーとか、有り得ないでしょ。
その後、ラザラス神父のお部屋で療養、学校最後の夜にラザラス神父とニールと過ごしている辺り、好きです。
私の好きなキャラが、揃っているし(笑)
良い構図です。
でも、流石悪魔の子。オーガスト。
アベル、改心(回心も?)するといいね
マイケルが毒入りワインを飲む時、自分が死ぬ気しなかったって、どこから湧いた自信!?
『相克』は、ちょっと美し過ぎた。
その後、皆が元気にやっている様子が窺えて、涙がほろり。
ロブとジョッシュ、2人で暮らしているとか。
安心しましたよ〜。
良かったね、2人共。
ジャックも、アメリカの農場で頑張っているみたいだし。
セシルとマイケル、未だに親友だし。
そんな大した事無いけれど、大した事でもある皆の様子に、泣けてきました。
そして、最後の『鎮魂歌』エンドは、ぐっと来ました。
「許さない」「許す」、解釈はとても難しいですが…、オーガストの目から涙が流れたあたりで、私も目から涙が流れていました。
マイケルがオーガストの為に祈る姿が、美しいです。
とても良い青年に育ちましたね。
何より、ラザラス神父がご存命(失礼)に、驚いたのと、ちょっと嬉しかったりして。

最後、ガビィ。
やっぱりね…と言う気持と、なぁんだ…と言う気持。
マイケルの大好きを集めた、幻の弟。
小さい頃、鏡に向かってガビィとお喋りしているマイケルの姿を見て、何だか自分の小さい頃を思い出しました。
私は一人っ子なので、いつも一人遊びばかり。
鏡の前に座っているのが、とても好きでした。
…何だか、アニメのネヘレニアさまみたい。
(彼女は、友だちが欲しかったみたいだけれど。
 私は、鏡の中の自分は、どんな存在だったのだろう…?)
あと、空想の友だちみたいなものを作り出して、お部屋で一人遊んでいた記憶があります。
そんな感じなのだろうね。
でも、事件の後に実体化している辺り、摩訶不思議。
ま、ガビィ好きなので、何も気にしません。
『慰め』のスチルが、一番大好き。
マイケルの右手に、ガビィが左手を重ねていて。
ガビィの右手は…、ナイトシャツの中。
シーツも、ナイトシャツも、白。
その上に白い肌、色素の薄い髪。
幻想的で綺麗です。
セシルは、やっぱりマイケルばっかり、見ているよね。
「ガビィ、ガビィ」と言っているマイケルが、痛々しくもありました。
でもそこから、あそこまで持って行けると言うのは、凄いですね。
『再生』のガビィとのエロ、美しかったです。
個人的に、マイケル受が良い。
(どのカプでも。ま、そんなに受攻は気にしない方ですが)
…ガブリエル、本当にいましたね。
あの2人の、その後がとても気になります。
再会(…だよね?)した2人、マイケルとガブリエル、マイケルの右目(だっけ?)から涙が流れている姿に、私も涙しました。


普段、創作物で涙する事が滅多に無い私ですが、このゲームは何ヶ所かで、自然と涙が出て来ました。
ニール、オーガスト、ガビィは、本当に良かったと思います。
最初の3人の中で、ニールを最後にして良かったかも。
何だか、そう、思えます。
…いやぁ、セシルとレオがつまらないのではないのですよ。
セシルとレオは、とても笑いが絶えませんでした。
それはそれで、本当に楽しかったです。
それにしても、マイケルの悲痛な叫びが多くて、中の人の喉は大丈夫だろうか…、こんな台本をずっと一人で読んでいたら気が狂うよね…と、そんな事ばかり気になってしまって。
作中のマイケルの心配も凄くしましたが、それ以上に東城さんを心配していました。



あとですね、コレは外せない。
初回限定版特典の、『st.ヨハネ女学校物語』。
本当に、抱腹絶倒です。
“エス”って言葉に、滅茶苦茶反応しました。私。
「ごきげんよう」とか、名前を“さん”付けで呼ぶとか、制服の乱れを上級生が直してくれるとか、マリみてを連想しました。
ニールのスネ毛が見えている辺りとか、股間に当たるものがある辺りとか、マイケルの不快さが手に取るように伝わります(笑)
オーガス子先生が、スカート穿いてハイヒール…と言うのは、ちょっと恐怖。
校長先生は、問答無用。
止めて下さい。(切実)
セシルが、マイケルの下着と解る辺りが、流石って思ったよ(笑)
ガビィも、なかなかだよね…。
この女学校で、ゲームって言うのも、面白そう(笑)


そして、そして…。
『神学番長』。
これも、笑いが止まりませんっ。
大体、私には無いジャンルだし、マイケルはマイケルのままだから、抵抗も感じないし。
本当に、面白い。
チャリティ企画で、殆ど義捐金にするみたいですが、私はもっとお金を払って、ぴるすらさんにお代を払いたいです。
突っ込み所万歳過ぎて、どこから、どうやって突っ込めば良いか解りませんが、とにかく、面白い。
色々と、パロディ要素が随所に散りばめられて、基の神学校を解っているからこそ、更に楽しめると言うか…。
エンディング曲も、アレンジであんな風にもなるのね…、ノリメタンゲレ。
こっちのバージョンも、結構好きです(笑)
神学校未プレイでも、それなりに楽しめそうです。



ドラマCDとかでも良いから、続編とか、エンディング後の2人とか、是非見たいです。
あ、パロディ企画でもOKです。
何でも良いです。
新学校なら。


ねぇ、誰か一緒にこの話で、盛り上がろうよ〜。
(賛同者、募集中)
それか、まだ未プレイに誰かに布教したい。
(布教されても良い方、募集中)





――w○rdの文書で先に入力しているのですが、9ページ目まで来てしまいました…。
どれだけ語っているのでしょうね(苦笑)

…実は、昨日かたかたと打っていて、文字にしたらどんどん想いが出て来てしまって。
昨日で纏めきれず(全ての想いを出し切れなかった)、今日まで掛かった有様です(笑)
大した内容では無いのにね…。

23:14 おたくかも。 comments(0)
スポンサーサイト
23:14 - -
comment

message :